しふぉだんご

ゲーム(主にポケモンGO)&暮らしに役立つヘルスケア情報をつらつらと配信しております。

【ポケモンGO】第五世代実装!初期組の注目ポケモン3選

広告

遂に第五世代が実装されましたね!

やはりいつになってもニアバイに黒い影があるというのはテンションが上がるものです。

さて今回は、現時点で実装されている第五世代の中での注目ポケモンを紹介していきたいと思います。では早速見ていきましょう。

f:id:dango0821:20190920200053j:plain

 

 

シャンデラ(ゴースト/ほのお)

ヒトモシ→ランプラー→シャンデラと進化する。

(ランプラーからシャンデラに進化には「イッシュのいし」が必要)

原作からの人気だけでなく、強さも兼ね備えたポケモン。

ゴースト・ほのおタイプどちらにでも技を統一することができ、ゴーストタイプとしてはゲンガーのダメージ効率を上回り、ほのおタイプとしてはファイヤーのダメージ効率をも上回る。つまり現時点でゴースト・ほのおタイプどちらとして使っても最強クラス。

ただし、そこまで耐久力が高いわけではないのでジム防衛・トレーナーバトルには向いていない。

 

サザンドラ(あく/ドラゴン)

モノズ→ジヘッド→サザンドラと進化する。

原作でも人気があり、ポジション的にはカイリューやボーマンダ、バンギラスなどと同じ600族と言われるポケモン。

全てのステータスが高く、特に攻撃力は全ポケモン中でも上位。

あく・ドラゴンタイプどちらにでも技を統一することができるが、ドラゴンは優秀なポケモンが多く、愛着があるとかでない限りはあくタイプとして運用するのがいい。あくタイプとしては最強クラスの性能がある。

しかし若干弱点が多くジム防衛・トレーナーバトルでは使いにくい。

 

ナットレイ(くさ/はがね)

テッシード→ナットレイと進化する。

原作でも対人戦で使っている人がそこそこいる。

上記2匹とは違い、レイド・ジム攻略には向いていない。

主にトレーナーバトルのスーパーリーグで、いろいろなタイプの技を覚える技範囲の広さに加え、使いやすいスペシャルアタックも覚え、耐久力の高さでも活躍が見込める。

更に弱点もほのおタイプ(2重弱点)とかくとうタイプの2つしかないというのもトレーナーバトルで活躍ができそうな理由の1つでもある。

ハイパーリーグで使おうとすると若干CPが足りないのが気になるか。

 

以上、第五世代実装初期組の注目ポケモン3選でした。

3匹とも10kmタマゴから孵化するので是非とも狙っていきたいですね!

ではでは今回はこの辺で~~ノシ

広告

プライバシーポリシー

お問い合わせはこちら