しふぉだんご

ゲーム(主にポケモンGO)&暮らしに役立つヘルスケア情報をつらつらと配信しております。

【ポケモンGO】ポケスト申請する前に考えてほしいこと

広告

ポケストップを作るために申請ができるようになってから少し経ちました。

TL40の皆さんは1つは申請してみた!という方も多いのではないでしょうか。

私もいくつか申請していて、今現在審査待ちの状況です。

少しでも世の中にポケストを増やしたい一心で申請するだけではなくて、毎日5件前後のポケスト審査もしています。

そんな審査をしている中で気が付いた点がいくつかあったので、皆さんと共有できたらいいなと思います。

ポケスト申請のやり方等々は後日別記事にしたいと思います。

f:id:dango0821:20191121210437j:plain

 

ポケストは皆ほしいが…

ポケストはあればあるほどゲーム内では有利になります。

アイテムの補充はもちろん、ルアーモジュールや、GOロケット団との遭遇機会も格段に上がるからです。

だからと言って何でもかんでも申請したり、既にポケストとして存在しているスポットを重複して申請している方がかなり見受けられます。

私も現在プレイしている環境はかなり酷いもので、自宅周辺にジムやポケストは多くありません。

家の中から届く位置にポケストがあればなー、なんて思う事もあります。

それでも明らかにポケストとして成りえない物を申請したり、自宅や車道からぎりぎり届かない場所を少しだけズラして申請したりするのはゲームのプレイヤーとしてどうなのかと思います。

 

審査する側の気持ち

審査していると思う事があって、それは…

その場所の解説や、補足写真、場所のピンの正確さなどがあるだけで判断が非常にスムーズになる。

という事です。

そんなの審査する側がしっかり調べるんだからある程度いい加減でもいいだろ!って思う方もいるかもしれません。

例えば、1件の審査する時間が5分程度だとします。

場所を0から調べたりピンがズレているから打ち直したりするのに1分多めに時間がかかっているとすれば、これらを申請する側が丁寧にしてくれるだけで4分に短縮され、私のように毎日5件ずつ審査している人は、同じ時間でもう1件審査する時間に使えるのです。

申請件数は莫大な訳ですから、複数申請している方なんかは巡り巡って自分自身の他のポケスト審査までの時間に影響するかも知れません。

 

まとめ

長くなってしまいましたが、かなり簡単に言うなら…

・ポケストが欲しいからってズルはダメ

・申請するときは正確丁寧に

という事です。

審査する側も人間なのですから、お互いに気持ちよくポケストを作れるといいですね。

 

ではでは今回はこの辺で~~ノシ

広告

プライバシーポリシー

お問い合わせはこちら