しふぉだんご

ゲーム(主にポケモンGO)&暮らしに役立つヘルスケア情報をつらつらと配信しております。

【創作漫画】15年ぶりに小4の頃の旧友が家に来た話③

広告

ご閲覧頂きまして有難う御座います。

 

本日は創作漫画の公開記事をアップロード

させて頂きたいと思います!

 

長い間体調不良にて更新出来なくて

大変申し訳ありませんでした( ꒪Д꒪)

 

いつもブックマークにてブログを

読んで頂いた方ありがとうございます…。

定期的に更新作業を行って行きますので、

また見に来て頂けましたら幸いです☺️

 

 

ちなみに前回の記事はこちらです♪

 

www.dangognad.work

 

 それでは、早速本編へと参りましょう。

15年ぶりに小4の頃の旧友が家に来た話③

 

f:id:shifon611:20210310122429j:image

私は昔から、知らない人と喋ったりする

所謂コミュニケーションが大の苦手でした。

社会人になってからは、多少マシになった

ものの、小学生の頃は特に酷かったです。

 

よくこんなんでも友達が出来たものだと、

当時の友人達には大変感謝しております。

 

そんな傍ら、Mちゃんの方は人見知りせず

クラスの誰とも仲良く話せる様な人気者。

今となっては答え合わせは出来ませんが、

お互い価値観が違っていたのでしょうね。


f:id:shifon611:20210310122437j:image

ところで、Mちゃんのびっくり発言に

身体が硬直し時が止まっていた私。笑

 

なんとか返事をしないとと思いますが、

Mちゃんの中では『一緒に帰りたくない』

という気持ちが大きかったのでしょう。

 

という時点で、私は『嫌だ』と言っても

全く意味がない事なのでしょうね。

私はとても悲しくも決断を下します…。


f:id:shifon611:20210310122433j:image

もう私のこころの中は虚無です。笑

当時はそんな事思わなかったのですが、

【虚無】という言葉がしっくりきます。

 

Mちゃんに友人として特別な感情を抱いて

いたので、(勝手に親友だと思っていた)

たった今恋人と別れた…そんな憂いな

気分に浸っていたのかもしれません。

 

幼少ながら悲しくも決断した私は、

『うん…』とだけ彼女に伝えてそのまま

背を向けて家に帰ります。うーん悲しい。


f:id:shifon611:20210310122441j:image

彼女に『ごめんねさっきの嘘だよ!!』

だなんて引き止めてくれたらどんなに

嬉しかった事でしょうか…!

 

しかしながら、彼女は去っていく私を

引き止めてはくれませんでした。

おいいい!!引き留めてくれよ!!笑

 

ただただ『またね!バイバイ』も言わず

黙って私の背中を見送っていました。

 

本日の本編はここまでです。

クラス替えによって急にバラバラになり

引き裂かれてしまった私達。

一気に急展開を迎えてしまいました。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

それでは今日はこの辺で!

また遊びに来てやって下さいねノシ

 

広告

プライバシーポリシー

お問い合わせはこちら